椎間板ヘルニアの治療期間|ヘルニア治療体験記

MENU

ヘルニアの治療期間は?経験者しか知らない治療期間の実態

 

腰椎椎間板ヘルニアと診断された時に一番最初に考えた事。

 

それは・・・

 

一体どのくらいで完治するのか?でした。

 

痛いし辛いし、何より少しでも早く仕事に復帰したい。
これは椎間板ヘルニアと診断された人なら誰でも考える事だと思います。

 

完治するまでの時間は、当たり前ですが個人差がありその人の症状によっては早い時間で完治もすれば長い時間が必要な場合もあります。

 

私の経験を元に、ヘルニア完治までの時間を紹介していきます。

 

 

早い人なら数ヶ月、長いと・・・

 

この完治までの時間というのは、個人差がありすぎてしまうので私の完治までの経験を記事にしていきます。

 

一番最初に腰椎椎間板ヘルニアと診断された時には週一回リハビリに通って3ヵ月後には完治しました。
完治したというのは、痛みを全く感じなくなり何も無かった頃に戻った状態です。

 

その半年後、またヘルニアが再発。

 

二回目の時には半年のリハビリが必要でした。
この時も、週一回リハビリの為に通院しています。

 

そのまた数ヵ月後に、またまた再発。
そして同じく半年、リハビリの為に通院。

 

こんな感じで何回も、完治と再発の繰り返し。
最終的には手術という選択をしました。

 

が、

 

手術から半年で再発・・・

 

あれだけ辛い手術に耐えたのに再発って!

 

と、今更愚痴ってもしょうがないんですけどね。

 

 

再発の原因は姿勢の悪さと喫煙

 

これだけ再発を繰り返してきたので、自分でも何が悪いのかがなんとなくですがわかってきました。

 

それは姿勢の悪さが1番の原因だって事。

 

私の仕事関係の人の仲に4人ヘルニア手術経験者がいます。
しかし、その人たち全員再発はしていません。

 

不思議に思って聞いてみたんですよ。
そしたら全員の人が、姿勢と運動不足に注意して禁煙していました。

 

つまり、ヘルニアの原因となったことを全て排除していたんです。
ヘルニアと診断された時からと言ったほうが正解かな。

 

週一回のリハビリに加えて、悪い原因を無くし自分でもストレッチや軽い運動をして、少しでも早い完治を目指して努力していたんです。
私の場合は、全く努力していませんでした。

 

その結果が再発の繰り返しです。

 

完治までの治療期間は、診断された時のヘルニアの症状にもよりますが本人の努力も大いに関係すると思います。
1日も早い完治を目指すのなら、担当医やリハビリの先生と相談して自分にあった運動などをすることが一番!

 

日頃から運動などをしていない場合には「めんどくさい」かもしれませんが辛い痛みから解放されるためにも、努力を惜しまない気持ちが必要です。

 

くれぐれも私のようにならないように気をつけて下さいね。

 

 

以上、ヘルニアの治療期間は?経験者しか知らない治療期間の実態でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


関連ページ

治療の種類について
椎間板ヘルニア歴7年。発祥の経緯から治療、リハビリ、手術、そして再発。 ヘルニア経験者しかわからないことを書き綴っていきます。
治療とリハビリ
椎間板ヘルニアの治療にリハビリがあります。リハビリってどんな事をするのか? 私の経験してきたリハビリの様子を紹介します。
筋トレは効果あり?
椎間板ヘルニアの痛みを改善するには筋トレがいいと言われています。私がヘルニアと診断されてから行ってきた効果を感じた筋トレについて紹介します。
日常生活の注意点
椎間板ヘルニアと診断されてしまったら、日常生活で注意しなければならないことがいくつかあります。その注意すべきことを手術経験者が紹介します。



【提案1】ストレッチで腰痛を改善する方法


≫自宅で出来る腰痛改善ストレッチ方法はこちら≪



【提案2】姿勢矯正!加圧シャツ特集!!


≫加圧シャツ特集ページはこちら≪



【提案3】腰への負担が少ない座椅子


≫美姿勢座椅子 詳しくはこちら≪


メニュー

腰痛改善グッツ

管理人について

このページの先頭へ