椎間板ヘルニア治療とリハビリテーション|ヘルニア治療体験記

MENU

ヘルニア治療とリハビリについて

 

椎間板ヘルニアの治療にリハビリがあります。
リハビリには病院で行うリハビリと、自分で行うリハビリがありその人の症状によってリハビリのメニューも違います。

 

このページでは、実際に私が経験したリハビリ治療の方法を紹介します。

 

 

 

理学療法士の先生と相談しながら・・・

 

私が行ってきたリハビリは牽引とストレッチ。
整形外科での診察の後に、リハビリ室へ行き最初に牽引から始まります。

 

約15分の牽引の後に、理学療法士(リハビリの先生)によって硬くなった筋肉をほぐしたり、筋肉の動きをよくするためのストレッチを行います。
内容は、その時の体の状態によって違いましたが主に筋肉の動きを良くするストレッチが主でした。

 

その他には、姿勢の改善や歩き方の改善など。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの人は、姿勢が悪いことが多くまた、痛みをかばう為に歩き方も痛いほうの足を無意識にかばいながら歩いているんです。
当然、体のバランスも崩れていて、そんな歩き方を常にしているので、さらにヘルニアが悪化!

 

こんな悪循環になっていることが多いです。

 

私自身も全く同じで、手術前には左足の痺れと痛みが強く左足をかばいながら歩いていました。
これじゃあ良くならないよ、って事で正しい姿勢の維持と正しい歩き方をしっかりと行うこともしました。

 

 

病院では牽引とストレッチ、正しい姿勢の維持方法と歩き方を指導してもらい、自宅では簡単に出来る筋トレが中心です。

 

筋トレですが、主に腹筋と拝金を鍛える筋トレでしたが学生の頃の体育の授業のような腹筋運動は行わずホントに簡単な運動です。
寝転がって、ほんの少しだけ頭を持ち上げるといった体にあまり負担がかからない運動です。

 

これには理由があり、あまりに過激な運動をしてしまうとかえって悪くなることがあるとの事でした。

 

毎日少しの時間を使って、自分で筋トレすればかなり痛みも痺れも解消出来るそうです。
と、いうのもっ私自身めんどうで自宅での筋トレしてませんでした。

 

これが悪かったのか、筋力も相当落ち込んで歩くのも辛くなり、最終的には手術です。
あの時、しっかりと筋トレしとけばな〜なんて手術後に考えました。

 

まあ、後の祭りでしたが(苦笑)

 

 

リハビリの期間ですが、これも個人差があり早い人では2,3ヶ月でよくなる人もいれば私のように手術しないとダメな人と色々です。

 

リハビリの先生とよく相談しながら、自分で出来ることはやってみることがヘルニア完全には1番の方法だと思います。

 

 

以上、ヘルニア治療とリハビリについてでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


関連ページ

治療期間のあれこれ
椎間板ヘルニアの治療期間ってどれくらいなんでしょうか?自分の経験を元に紹介していきます。
治療の種類について
椎間板ヘルニア歴7年。発祥の経緯から治療、リハビリ、手術、そして再発。 ヘルニア経験者しかわからないことを書き綴っていきます。
筋トレは効果あり?
椎間板ヘルニアの痛みを改善するには筋トレがいいと言われています。私がヘルニアと診断されてから行ってきた効果を感じた筋トレについて紹介します。
日常生活の注意点
椎間板ヘルニアと診断されてしまったら、日常生活で注意しなければならないことがいくつかあります。その注意すべきことを手術経験者が紹介します。



【提案1】ストレッチで腰痛を改善する方法


≫自宅で出来る腰痛改善ストレッチ方法はこちら≪



【提案2】姿勢矯正!加圧シャツ特集!!


≫加圧シャツ特集ページはこちら≪



【提案3】腰への負担が少ない座椅子


≫美姿勢座椅子 詳しくはこちら≪


メニュー

腰痛改善グッツ

管理人について

このページの先頭へ