椎間板ヘルニアの辛い痛みの期間|ヘルニア治療体験記

MENU

椎間板ヘルニア 辛い痛みの期間について

 

椎間板ヘルニアの痛みの期間ってどれくらいあるのでしょうか?
この痛いと感じる期間(時間や日数)は当然ですが個人差があります。

 

今回は(今回も)私の痛みの期間をわかりやすく開設していきます。

 

あくまで参考にしかなりませんが・・・

 

 

 

ヘルニア発祥から痛みは酷くなった

 

ヘルニアと診断された当初は、腰の部分だけが痛むだけでしたが時間の経過と共に、太ももからふくらはぎ、足先までと順番に痛みと痺れが広がっていきました。

 

こうして文章にしてしまうとたいした事はありませんが、足先まで痛みと痺れが広がるまで3年ほど時間があります。

 

その間に何度も完治・再発を繰り返していましたが最終的に足先にまでヘルニアの影響が出てしまったんですね。

 

ちなみに椎間板ヘルニアは、発祥から数ヶ月〜半年でヘルニアが縮小したり消えてしまうこともあります。
この場合、悪い部分が無くなってしまうので当然ですが痛みは無くなります。

 

私が通院している病院でも、上記の例のようにヘルニアが消えて完治した!という方がいました。
正直凄く羨ましかったです。

 

 

今まさに痛くてたまらない場合、1日も早く痛みから解放されたいですよね?

 

私も散々痛い思いをしてきたので、その気持ちはよ〜くわかります。
痛みが酷い時って、心まで弱くなりがちになります。それも良くないんですね。

 

このままもっと酷くなったら・・・とか
考えてしまいます。

 

でもそんなときだからこそ、前向きに考えて
痛みと向き合う気持ちも必要!

 

病は気から

 

といわれますが、ほんとその通りです。

 

心と体のバランスを保ちながら、日常でも腰に負担がかからないように気をつけてリハビリや筋トレしていくことが、痛みを早く無くす1番の方法だと私は考えています。
手術してから半年でヘルニアが再発してしまいかなりショックで落ち込みましたが、落ち込んでいたって良くなることはないですからね!

 

今、自分に出来ることをしっかりと行ってヘルニアの痛みから解放されるように頑張りましょう!

 

 

痛みを何度も繰り返し手術を受けた

 

私は3年間のリハビリ後に椎間板ヘルニアの手術を受けました。
手術までの3年間は、良くなる〜悪くなる・・・という期間を半年ほどの感覚での繰り返しでしたね。

 

多分なんですが、リハビリを受ける期間が半年周期だったからだと思います。
連続してリハビリに通うことが当時は出来なかったんで、まあ仕方がないかと。

 

また痛みが楽になり、喉物過ぎれば・・・・のことわざ通りに無理とかしていたのも悪かったと思います。

 

一度良くなってしまうと悪かった頃のことは忘れてしまいがち。
こういった悪いクセを治すことも、ヘルニアの痛みから開放されるには大切なことだと思います。

 

 

以上、椎間板ヘルニア 辛い痛みの期間についてでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


関連ページ

痛み止め
椎間板ヘルニアの治療に痛み止めの薬があります。この薬について会見を元に書いていきます。
痛みと痺れについて
椎間板ヘルニアの痛みと痺れについて自分の経験を元に開設します。
痛みは移動する?
椎間板ヘルニアの痛みって移動していくことを知っていますか?今、痛む場所も数ヶ月もすれば別の場所が痛むようになることもあります。私自身が経験したヘルニアの痛みの移動について紹介します。
痛みを改善するには?
ヘルニアの痛みを改善する方法は、手術や薬だけではありません。今すぐ出来る痛みを改善する方法を紹介します!



【提案1】ストレッチで腰痛を改善する方法


≫自宅で出来る腰痛改善ストレッチ方法はこちら≪



【提案2】姿勢矯正!加圧シャツ特集!!


≫加圧シャツ特集ページはこちら≪



【提案3】腰への負担が少ない座椅子


≫美姿勢座椅子 詳しくはこちら≪


メニュー

腰痛改善グッツ

管理人について

このページの先頭へ