腰痛の連鎖を予防する日常生活|ヘルニア治療体験記

MENU

腰痛の連鎖を予防する日常生活

 

毎晩、寝る前に自分がなぜ腰痛に悩まされる体になってしまったのか?
などと考えてしまいます。

 

私の場合は元々腰骨に異常があったこと。
その他では、姿勢も悪く腰への負担が普通の人よりも大きかったことが原因だと思っています。

 

また仕事も重量物を多く扱う仕事だったことも影響していると思います。

 

このページでは、腰痛を予防する、繰り返さないために日常生活で注意するべきことを紹介していきます。

 

 

正しい姿勢を維持することを忘れない

 

多分ですが、これがいちばん重要なことだと個人的には考えています。

 

腰痛持ちの人って、ほとんどの人が姿勢が悪いんですね。
私自身もそうなんですが、猫背なんです。

 

この猫背は腰への負担が非常に大きく、背骨本来の自然なカーブがなく、体の重心がずれてしまいます。
特に椎間板には、寝ているときの4倍の力が加わり姿勢が悪いとそれ以上の負担がかかります。

 

背筋をピシっと伸ばして真っ直ぐに立つ。

 

時々でもいいので、この正しい姿勢を思い出してピシっとすることを意識してください。
これだけでも、やるとやらないとでは大きな差が出ます。

 

 

正しいあるき方を意識しよう

 

腰痛になると歩くだけでも辛いことが多くなりますよね?
でも、あまり歩かなくなってしまうと、筋力が落ちてしまい良い事とは言えません。

 

この歩くという動作。
日常では、ほとんど気にすることはないと思いますが、正しい姿勢で歩いている人は本当に少ないものです。

 

私もそうでしたけど。

 

最近ですが理学療法士の先生から正しい歩き方を指導してもらいました。
これをする、意識して歩くだけでも腰痛を予防、繰り返さないことには効果的です。

 

で、肝心の正しい歩き方ですが
・真っ直ぐに立つ
・かかとから着地してつま先で蹴る
・両手を自然に振る
というものでした。

 

多分ですが自分では中々わからないと思うので、歩くという動作を真正面からビデオ撮影してみることをしてみてください。

 

その時に撮影したあるき方を再生して見てみると、自分の歩き方がよくわかります。

 

この方法もリハビリの先生に教えてもらいました・・・というよりも病院で実際にやってもらいました。

 

私の場合は、猫背で右側に傾いた歩き方してたんです。
確かに真正面から見てみると、驚くほど自分の歩いている姿勢の悪さが気になります。

 

一度、確認してみると色々と気がつくことが見つかるかもしれませんね!

 

 

靴のサイズも見直してみよう!

 

これも当然といえば当然なのですが、靴のサイズが合っていないと正しく歩くことはできません。

 

長さ、幅とも自分にあったサイズの靴を選ぶことが大切です。

 

ちなみに私の場合は、靴のサイズが少し大きくてクツの中で足が浮いてしまい上手く地面を蹴って歩くことができていませんでした。

 

少々お高い靴でしたが、このことを知ってからは履くことをやめました。

 

 

座るときも正しい姿勢を意識しよう

 

立つ、歩くだけでなく座っているときも正しい姿勢を維持することは重要です。
特にデスクワークや車の運転が仕事の人の場合には気をつけるほうがいいと思います。

 

腰が悪いと、どうしても椅子に座る場合には浅く腰掛けてしまいがちですが、これは腰への負担が大きくなるのでNG!

 

正しい座り方は、椅子に深く腰を掛けて、お腹を引き締めるような姿勢です。
このときに足は足の裏が床にピッタリとついて顎を軽く引くということも意識してください。

 

また床に座る場合には正座が一番いい姿勢です。
あぐらや足を投げ出す姿勢は、出来ることなら避けるほうがいいです。

 

 

大変ならコルセットをしてみよう

 

正しい姿勢の維持は本当に大切ですが、腰の痛みがキツイときなどは中々正しい姿勢の維持は大変です。

 

そんなときにはコルセットを使ってみるといいですよ!

 

そんなに腰の痛みがひどくないのであれば、ドラッグストアーなどでも購入できる柔らかい素材のものでも十分です。

 

逆に痛くてたまらない・・・・いう場合には、通販などで売っているしっかりとした素材のものがおすすめです。

 

 

私のコルセット画像

 

上が硬い素材のもの(腰椎固定術時に作ったもの)
下がドラッグストアーで購入した柔らかい素材のもの

 

柔らかい素材のものは比較的安価で、身につけていても動きにくさはそれほど感じません。

 

硬い素材のものは価格も高めのものが多く、身に付けると動きにくさを感じ、慣れるまでには多少違和感を感じます。

 

またコルセットは常時着用することは避けて、仕事中だけなど条件を決めて使うことに気をつけてください。

 

コルセットは着用すると本当に楽ですが、腰の筋肉を弱くしてしまうこともあるそうです。

 

これも病院で教えてもらいました。
腰への負担を減らしつつ、腰回りの筋力強化も同時に行うことが腰痛改善には大切なことになります。

 

 

以上、腰痛の連鎖を予防する日常生活でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


関連ページ

腰痛予防の食生活について
椎間板ヘルニアの痛みを改善するには筋トレなど様々な方法があります。でも一番簡単にできる改善法は食生活の見直し!私が病院で教えてもらった腰痛改善の食生活について紹介します!!
日常生活での腰痛対処法について
20代の頃から腰痛に悩まされ、5回の手術を受けたにもかかわらず、今でも毎日腰の痛みに耐える日々を送っています。実に腰痛歴は30年。これだけ長い期間、腰痛と向き合っていると、あの頃こうしてさえいれば・・・と考えることが多々あります。そんな私の経験から、日常生活での腰痛予防法を紹介していきます。
ウォーキングやストレッチのススメ
腰痛改善の一つにストレッチがあります。運動不足からくる腰痛には軽い運動をすればいいわけですが、普段から運動不足の人がいきなり体を動かすと逆効果ということも・・・そんな運動不足のあなたにはこのストレッチがおすすめですよ!



【提案1】ストレッチで腰痛を改善する方法


≫自宅で出来る腰痛改善ストレッチ方法はこちら≪



【提案2】姿勢矯正!加圧シャツ特集!!


≫加圧シャツ特集ページはこちら≪



【提案3】腰への負担が少ない座椅子


≫美姿勢座椅子 詳しくはこちら≪


メニュー

腰痛改善グッツ

管理人について

このページの先頭へ