ウォーキングやストレッチのススメ|ヘルニア治療体験記

MENU

腰痛改善!ウォーキングとストレッチのススメ

 

健康的な生活を送るためには運動不足の解消は必須とも言えます。
これは腰痛にも言えることで、体を動かさないことで筋力が落ち血行も悪くなり腰痛が起こることも。

 

誰にでも言えることかとは思いますが、子供の頃は学校での体育の授業や放課後は友達と野球したりサッカーしたりと体を動かすことが当たり前の生活をしていました。
それが社会人となり運動とは全く無縁の生活になってしまい、体力・筋力ともに衰えてしまった。
この他にも年齢的な問題も加わるとしたら、腰痛にならないほうが不思議なのかもしれませんね?

 

こんな話を理学療法士の先生と話していたら、手軽に始めることができるウォーキングとストレッチを勧められました。

 

 

歩くことを日常生活に取り入れよう!

 

社会人になってからは全くと言ってもいいほど歩くことが少なくなりました。
私は中学校卒業と同時に社会人になったため、原付、自動二輪、普通免許と順番に取得し歩くこととは無縁とも言える生活をしてきました。

 

まあ、ほとんどの人は社会人となると学生時代よりも歩く機会は減ると思います。
それと同時に一度楽なことを覚えてしまうと、中々昔の生活には戻らないですよね?

 

こういった運動不足の生活に、いきなりハードな運動をしてしまうと逆に体を悪くしてしまうこともあります。
そこでオススメなのがウォーキングだと教えてもらいました。

 

と、前置きが長くなりましたが・・・
ウォーキングを日常生活に取り入れることで、筋力を鍛えたり血行を良くする効果が期待できます。

 

また脂肪を燃焼させる、呼吸器、循環器の機能を高めるという効果もあると言われています。

 

いやいや、それならジョギングのほうがいいんじゃないの?
と思う方もいらっしゃるとは思いますが、普段運動とは無縁の生活を送っている人がジョギングをいきなり始めてしまうと膝や足首などの関節を痛めてしまうといった危険な側面もあります。

 

運動になれている人なら良いのかもしれませんが、全く運動と無縁だと言う人は、まずはウォーキングから始めるのがベストだと思います。

 

ちなみに私はといえば、通勤は原付きだったので日常生活に散歩の時間を組み込むようにしました。
一日30分ほどです。

 

散歩は運動不足解消の他に、リラックス効果もありましたよ!
腰痛には非器質性疾患と言われるストレスや不安などにより痛みへの防御機能が低下して生じる痛みもあります。

 

ヘルニアなどの腰の痛みが長引くと、楽しいと感じる時間が減ってしまい痛みを感じやすくなることもあると担当医に言われたことがあります。
確かに腰の痛みが酷くなるほど気分も落ち込みがちです。

 

そうならない為にも、リラックスすることは大切なのかもしれません。

 

 

ストレッチで固くなった筋肉をほぐす

 

筋肉が固くなってしまうと結構が悪くなり、腰痛にもよくはありません。
昔は腰の痛みが酷いときにはマッサージに通っていましたが、マッサージを受けたあとに痛みが軽くなるのは固くなった筋肉がほぐれるからだと聞きました。

 

筋肉がほぐれるといえば、お風呂に入ったあとに腰痛が軽くなるのも同じ理由かと個人的には思っています。

 

筋肉が固くなると痛みが酷くなるのなら、普段からストレッチを行うことで筋肉をほぐし痛みを回避することもできますよね!
ということで、日常生活にもストレッチの時間を取り入れてみましょう。

 

実際に私が行っていたストレッチを紹介します。

 

スクワット運動

立ってしゃがんでという単純な運動です。
単純な動きではありますが、太ももや背筋などのインナーマッスルを鍛えることができます。

 

単純ではありますが、初めて行うときには無理のないようにしてください。

 

うつ伏せで腰を反らすストレッチ

うつ伏せの体制から上半身を起こしていく運動です。
このストレッチを行うことで、背骨本来のカーブを維持できるようになります。
ただしこの方法は前屈障害型腰痛の人に有効な方法なので、後屈障害型腰痛の方にはお薦めはできません。
後屈型の方は絶対に行わないようにしてください。

 

(前にかがめると腰が痛む人は前屈型腰痛、後ろに反らすと痛む人は後屈型腰痛です)

 

鉄棒などで牽引する

ずいぶん昔に流行った「ぶら下がり健康法」です。
このストレッチを行うことで、腰の骨と骨の間を広げることが期待できます。

 

でも今の時代、ぶら下がり健康器なんて自宅にはないという人がほとんどだと思います。
そういった場合は公園などの鉄棒を使う方法が良いと思います。

 

ちなみに私は勤務先のクレーンに紐をつけて休憩時間にぶら下がっていました。
実際に行ってみると結構気持ちがいいですよ!

 

でも、鉄棒もクレーンも無いよ・・・という方は椅子を2つ並べて手をついて体を支えるといった方法もあります。

 

 

少しずつ長く継続することが大切です

 

何事もそうですが、やはり長く継続することで効果が現れてきます。
ウォーキングもストレッチも始めた頃は大したことはないと感じますが、やはり続けることで効果は実感できると思います。

 

中々社会人となると時間がなく行うことは難しいですが、私のように酷くなってしまうと取り返しは付きません。
ほんのちょっとの時間でもいいので、継続していくことを強くおすすめします。

 

 

以上、腰痛改善!ウォーキングとストレッチのススメでした。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連ページ

腰痛予防の食生活について
椎間板ヘルニアの痛みを改善するには筋トレなど様々な方法があります。でも一番簡単にできる改善法は食生活の見直し!私が病院で教えてもらった腰痛改善の食生活について紹介します!!
腰痛の連鎖を予防する日常生活
椎間板ヘルニアという腰の痛み。この腰の痛みは中々完治せずに繰り返しおこるものです。そんな腰の痛みを繰り返さないために日常生活で注意すべきことをまとめました。
日常生活での腰痛対処法について
20代の頃から腰痛に悩まされ、5回の手術を受けたにもかかわらず、今でも毎日腰の痛みに耐える日々を送っています。実に腰痛歴は30年。これだけ長い期間、腰痛と向き合っていると、あの頃こうしてさえいれば・・・と考えることが多々あります。そんな私の経験から、日常生活での腰痛予防法を紹介していきます。



【提案1】ストレッチで腰痛を改善する方法


≫自宅で出来る腰痛改善ストレッチ方法はこちら≪



【提案2】姿勢矯正!加圧シャツ特集!!


≫加圧シャツ特集ページはこちら≪



【提案3】腰への負担が少ない座椅子


≫美姿勢座椅子 詳しくはこちら≪


メニュー

腰痛改善グッツ

管理人について

このページの先頭へ