ヘルニアの手術後 最悪の結果に!|ヘルニア治療体験記

MENU

ヘルニア手術後 再発よりも恐ろしい経験談まとめ

 

椎間板ヘルニアの手術から1ヶ月後にヘルニアが再発。
その後リハビリに通うこと数年間・・・

 

しかし一向に改善の見通しが立たず、痛みを我慢する日々を送っていました。

 

あまりの痛みに耐えることが辛くなり、担当医に再手術をお願いしたのですが手術をしても痛みが無くなることはない・・・と言われてしまいました。

 

 

ヘルニアよりも酷い脊柱管狭窄症

 

担当医に再手術は無理と宣告されてセカンドオピニオンを受けました。
ネットで検索して地元で評判のいい整形外科を見つけて受診。

 

そのときに過去の治療や手術の資料がほしいとのことだったので、資料を揃えてセカンドオピニオンです。
新しい病院では、CTやMRI、造影剤を使っての検査なども行い痛みの原因を特定することが出来たのですが・・・

 

それが最悪と言っていいほどの結果でした。

 

検査の結果は脊柱菅狭窄症。

 

椎間板ヘルニアよりも更に腰の具合が悪くなっていたということです。

 

これはショックでした。

 

 

ただ、今まで原因不明に近い腰の痛みだったので原因がわかっただけでも良かったと思いました。
原因さえわかれば適切な処置をするだけです。

 

そこで担当医と相談して腰椎固定術という手術を受けました。

 

 

手術したけど完治しなかった

 

腰椎固定術という手術は、背骨にボルトを打ち込んで脊柱管を固定する手術です。

 

私の場合は背骨の5番とS1番をボルトで固定しましたが、ヘルニアの時と同じように1ヶ月後に痛みが出てしまい最終的に2度目の手術を受けました。
しかし、2度の手術にもかかわらず再発。

 

もしかしたら3回目の手術になるかも?
といった具合です。
(結局、手術しました。今の私の腰はこんな感じ)

 

 

左二枚は腰椎固定術、右は脊髄刺激装置埋込後

 

では何故こんなにも腰の痛みが続くのか?
今の担当医に聞いてみたのですが、私の体は奇形らしく本来あるべき場所に(背骨)骨が無かったそうです。

 

その影響で普通の人よりも腰への負担が酷く、このような結果になってしまったのではないか?
とのことです。

 

極稀にだそうですが、私のように骨が足りない、または骨が多いという人がいるそうです。
こういった場合は腰痛に悩まされる確率が高くなるらしいですね。

 

今更手遅れですが、もっと健康面に注意して生活してれば腰痛に悩むこともなかったかと考えてしまいます。

 

私のようにならないためにも普段から健康には注意してくださいね!

 

 

以上、ヘルニア手術後 再発よりも恐ろしい経験談まとめでした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


関連ページ

手術と入院
椎間板ヘルニアの手術をした時の様子を紹介します。
手術後の職場復帰
椎間板ヘルニアの手術から、職場復帰までの期間とその様子について紹介します。
手術後の後遺症
椎間板ヘルニア手術後の後遺症。人それぞれですが私の体験を紹介します。
手術後の生活
椎間板ヘルニア手術後の生活について、手術経験者が詳しく解説します・・・ということですが、私自身はヘルニアが再発。ただ、私のような生活をしなければ再発する可能性は低くなると思います。
手術を受けるその前に!!
椎間板ヘルニアの手術を検討しているのなら、手術前にこれを試してみるべき!ということを手術経験者の視点から紹介しています。手術は最終手段。まずは出来ることから始めて見ることをおすすめします。



【提案1】ストレッチで腰痛を改善する方法


≫自宅で出来る腰痛改善ストレッチ方法はこちら≪



【提案2】姿勢矯正!加圧シャツ特集!!


≫加圧シャツ特集ページはこちら≪



【提案3】腰への負担が少ない座椅子


≫美姿勢座椅子 詳しくはこちら≪


メニュー

腰痛改善グッツ

管理人について

このページの先頭へ