腰痛予防の基本|ヘルニア治療体験記

MENU

腰痛予防の基本とは?今すぐ出来る腰痛予防法

 

腰痛の原因って考えたことはありますか?
私は5回の手術にもかかわらず、未だに腰痛を我慢しながらの生活です。

 

腰痛のことを考えない日はありませんが、考えたってよくなることはありませんよね?
でも、腰痛の予防法をある程度でも知ることができれば、痛みの悪化も防ぐことが出来ると思います。

 

このページでは5回の手術と入院生活、通院などで教えてもらった腰痛の予防法を紹介していきます。

 

 

腰痛予防は日常生活を見直すことからはじめよう!

 

「Kさん、そんな生活していたら腰の痛みは治りませんよ?」
このセリフは病院で何度も聞かされたセリフです。
担当医はもちろんの事、リハビリの先生に看護師さん。

 

それだけ私の生活習慣は腰への負担が大きかったってことです。
例えば・・・
喫煙
無理な姿勢
歩き方
などと数えたらキリがないほどありました。

 

でも、どれにでも当てはまることが正しい姿勢の維持ができていないということ!

 

それだけ腰痛予防のためには正しい姿勢の維持が大切だということです。

 

腰痛の原因には、老化や仕事上での無理な姿勢などもあり避けることが出来ないことも多々あります。
しかし、少しだけでも腰の負担を減らす事はできないことはありません。

 

私の場合ですが、一日のうちに何度か自分の姿勢をチェック。
悪い姿勢と気がついたら、正しい姿勢をする。

 

こういった動作を繰り返すように気をつけていました。
結構効果があるので試してみてください。

 

 

常に正しい姿勢を意識する

 

腰痛の原因は人それぞれで色々とあります。
しかし、どんな人にも当てはまることは、腰への負担が大きいということ。

 

あなたも一度は見たことがあると思いますが、背骨のイラストって真横から見た時は緩いカーブになっていますよね?
この緩いカーブを維持することが、腰痛の予防や再発を防ぐための鍵になります。

 

というのも、人間の頭はボーリングの玉と同じくらいの重さがあり、それを支えているのが背骨や筋肉。
正しい姿勢を維持できていればいいのですが、悪い姿勢になると腰への負担が大きくなってしまう・・・

 

そう言われても日常生活する上で、中々正しい姿勢を維持することは難しいものです。
私自身も病院で散々言われてきましたが、今でも無意識のうちに猫背になってしまうんですね。

 

そんな時には上でも書いた姿勢のチェックを行い、正しい姿勢を維持するようにしています。

 

 

腰への負担を減らして腰痛を繰り返さないことが大切

 

正しい姿勢と腰への負担を減らす方法。
これは私が実際に行ってきた方法になりますが、医師や理学療法士の方に教えてもらったものを紹介します。

 

正しい立ち方

全身が映る鏡の前に立ち自分の姿勢をチェック。
目、腰、肩の線が同じ高さになるようにします。
そして軽く顎を引いて肩の力を抜く。

 

また横から見た場合には、頭の天辺からくるぶしまでが一直線になるようにしてください。
この際に、腰の部分の緩いカーブも意識することが大切です。

 

正しい歩き方

 

正しい姿勢で立ち、まっすぐ前を見ながら歩きます。
この時は、かかとから着地してつま先で地面を蹴るということも意識しましょう。

 

とはいっても中々自分の歩き方なんてチェックできませんよね?
私が病院で行った方法ですが、ビデオカメラを正面において、カメラに向かってまっすぐ歩くところを撮影してチェックしました。

 

このカメラ撮影は本当に役に立ちましたよ!

 

椅子に座る時の姿勢

椅子に深く腰掛けてお腹を引き締める。
これが一番良い姿勢とのことです。

 

特に腰が悪い人は浅く腰掛けがちですが、これは腰への負担が大きいので気をつけましょう。

 

また長時間椅子に座っていることが多い場合には、腰当てを使ったり座板などを使うことをおすすめします。

 

荷物を持つ時

多分、この荷物を持つときが一番注意が必要かと個人的には感じています。
無理して重いものを持つことは避けましょう。

 

また軽いものでも、腕の力だけで持つこともやってはいけないことです。

 

物を持つときには、持つものに近づいて膝を曲げて掴み体につけて持ち上げます。
移送するときには、へそよりも下の位置で体に荷物をくっつけながら運ぶようにしてください。

 

料理をするときの姿勢

私は料理をしないので(というか出来ないので)試したことはありませんが、料理をするときには前かがみ姿勢になることは避けてください。
前かがみの姿勢というのは腰や筋肉への負担が大きいからです。

 

料理をする方は「足台」を用意して正しい姿勢を維持するのが良いと教えてもらいました。
家事全般では前かがみになりがちなので、背筋を伸ばし、真っ直ぐな姿勢になるように意識してください。

 

 

以上が私が実践している今すぐ出来る腰痛予防法です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


関連ページ

腰痛の原因は何?
腰痛改善には、その原因を知ることが大切です。手術経験者がジブンの経験をもとに腰痛の原因絵お紹介します。
痛みの種類について
腰痛と言っても様々な種類があります。ヘルニア手術経験者が体験した様々な腰痛の種類について紹介します。
腰の痛みを乗り切るために
5回の腰の手術経験者が、つらい腰痛を乗り切ってきた経験をもとに、効果があった方法などを紹介します。
病院選びと治療について
30年の通院歴があるジブンの経験をもとに、良い病院と良い医師の選び方を紹介します。



【提案1】ストレッチで腰痛を改善する方法


≫自宅で出来る腰痛改善ストレッチ方法はこちら≪



【提案2】姿勢矯正!加圧シャツ特集!!


≫加圧シャツ特集ページはこちら≪



【提案3】腰への負担が少ない座椅子


≫美姿勢座椅子 詳しくはこちら≪


メニュー

腰痛改善グッツ

管理人について

このページの先頭へ