プロフィール

MENU

管理人プロフィール

 

はじめまして。
サイト管理人のKといいます。

 

当サイトへの訪問、ありがとうございます。
このページでは簡単ではありますが、自己紹介をさせていただきます。

 

 

管理人の基本情報

 

名前(HN):K
出身地:静岡県
生年月日:1968年4月29日
家族構成:妻と子供二人
好きな食べ物:特になし
嫌いな食べ物:レバー、貝類全て、きのこ系全て
座右の銘:画竜点睛
長所:何事にものんびりしていること
短所:根気がない
性格:気が長く、感情の変化があまりない
趣味:映画鑑賞(洋画アクション系・時代劇)

 

昔はルアー釣りと家庭菜園が趣味でしたが、腰痛の悪化が原因でやめてしまいました。

 

 

 

 

ヘルニアの前兆は20代前半から始まっていた

 

 

子供の頃から大きな病気になることもなく、肩こりや腰痛などとは無縁の生活をしていました。

 

しかし、20代前半にギックリ腰を経験したことがきっかけで腰痛持ちに。
その後は何度もギックリ腰をを繰り返し、慢性的な腰の痛みにも悩まされるようになりました。

 

この頃は、痛みが酷くなると、指圧や鍼治療などを受ける。
そんなことの繰り返しといった生活をしていました。

 

 

 

腰の痛みが酷くなった30代後半

 

 

20歳のときに塗装用設備に関わる職場に就職。
重量物を扱う仕事の影響なのかは不明ですが、30代後半の頃には慢性的な腰痛に悩まされる体になっていました。

 

仕事が忙しかったこともあり、病院へ行くことはせず、休日に指圧や鍼治療へ通っていました。
しかし、年齢的なこともあったのか若い頃のように腰の痛みが消えることはなく、なんとなく楽になったと感じる程度でした。

 

こんなことを繰り返していたときに、当時の上司から病院で検査を受けることを強く勧められて整形外科へ。
そこで検査を受けた結果が椎間板ヘルニアでした。

 

 

 

リハビリへ通う日々

 

 

椎間板ヘルニアと診断されてからは、週一で病院のリハビリへ通いました。
ご存知のかたも多いと思いますが、リハビリって半年間しか受けられないんですよね。

 

そんな理由もあり、半年通っては少し期間が空き、またリハビリへ通う。

 

リハビリを受けているときには、ヘルニアの痛みも軽くなるのですが、辞めるとまた悪化する。
このような状態を繰り返し、徐々に痛みが強くなっていくのを感じていました。

 

 

 

リハビリから数年後、手術を決断!

 

 

何年ほどリハビリに通ったのかは覚えていませんが、あまり効果が期待できなかったので手術を受けました。
理由としてはリハビリの効果が薄れてきたことの他に、足のしびれが酷かったこともあります。

 

痺れの他にも、腰自体の痛みも辛くて、我慢していると冷や汗まで出てくる状態・・・

 

元々我慢が足りない性格なので、もう無理・・・と精神力の限界も来て手術というわけです。

 

 

 

手術でヘルニアが完治!しかし・・・

 

 

手術は成功し、あの椎間板ヘルニアの痛みと決別が出来たのですが、術後1ヶ月目にヘルニアが再発。
またリハビリへ通う日々に戻ってしまいました。

 

手術前に完治する確率は五分五分との説明は聞いていましたが、まさか自分が再発するなんて想像もしていなかったです。

 

しかし悩んでいたって病気は治りません。
半ばあきらめ気分でリハビリに通っていました。

 

 

 

まさかの手術拒否、そしてセカンドオピニオン

 

 

手術から数年ほどリハビリを繰り返しましたが、良くなるどころか痛みが悪化。
担当医にもう一度手術をしてほしいと言ってみたんです。

 

しかし担当医の返事は、2度めは無理とのこと。

 

これには当然理由がある訳ですが、ヘルニアの再手術は相当なリスクがあるということ。
また私の場合は手術しても完治は出来ないだろうとのことでした。

 

この時に初めて絶望というものを実感しました。

 

仮に平均寿命まで生きたとしたら、残りは30年ほど。
あと30年も痛みを付き合うなんて、自分のメンタルでは不可能です。

 

そこでセカンドオピニオンを受けました。

 

 

 

セカンドオピニオンは脊柱管狭窄症

 

【画像は脊柱菅狭窄症手術時に入れたボルト4本】

 

地元で評判のいい病院を調べてセカンドオピニオン。
その結果が脊柱管狭窄症でした。

 

その後のことは簡単に言ってしまうと、完治することなく今でも腰の痛みとの我慢比べです。

 

今は薬で痛みを抑えて、なんとか生きている。
そんな感じです。

 

 

 

腰の手術5回の経験者だからこそ言えること

 

【現在の管理人のレントゲン写真】

 

椎間板ヘルニアの手術と脊柱管狭窄症の手術をあわせて5回の経験から言えることがあります。

 

それは、酷くなる前に出来ることが山ほどあるってこと!

 

自分が酷くなって感じていることですが、あの時にこうしていれば・・・と思うことが本当に多いんです。
もしも・・・ということにはなってしまいますが、やっていれば今でも普通に生活できていたんじゃないかと思うんですね。

 

例えば軽い運動とか、ストレッチとか、禁煙とか。

 

そんな思いもあり、今、腰の痛みで悩んでいる人に向けてこのサイトを作りました。

 

辛いことばかりですが、今、腰痛に悩んでいるあなたのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

管理人:Kより




【提案1】ストレッチで腰痛を改善する方法


≫自宅で出来る腰痛改善ストレッチ方法はこちら≪



【提案2】姿勢矯正!加圧シャツ特集!!


≫加圧シャツ特集ページはこちら≪



【提案3】腰への負担が少ない座椅子


≫美姿勢座椅子 詳しくはこちら≪


メニュー

腰痛改善グッツ

管理人について

このページの先頭へ